中古でいいのでマンションが欲しい

不動車を高価買取

中古でいいので、何とかマンションが買えないものか。

田舎の都会で、新幹線駅がある駅から徒歩20分圏内で、老後も変わらず生活でき、車がない状況での生活もできれば尚良くて、そのような環境であれば、子育て環境も良いに違いない。

小中までは、もちろん徒歩でいける、幼稚園も選び放題。

現在、山の中過ぎて、小学校は徒歩だが、全校生徒が50名以下、中学校は自転車で、10キロ。
幼稚園も近場の私立を選ばざるをえない、という環境なので、一新したい。
高校もバス停、駅がちかければ何も問題はないだろう。

それから、小さい子の育児施設も充実。図書館、公民館、徒歩圏内、そんなマンションを考えている。
ここは新幹線駅があるとはいえ田舎なので、駅前でもそんなにしないだろうと、軽い気持ちでリサーチ開始。………。
新幹線駅は、田舎であっても、地価は高いらしい……。
思っていた、5倍。
いや、私が自分の住む町の中心を見くびりすぎていたのだろう。

 

実は今はローンが残っているずいぶん前に新築した一戸建てに住んでいる。
しかし、そのローンと、いまの戸建てを売却した額と、マンションの購入金額とを、総合して、全てがうまくいく!と、タカをくくっていましたが、全然足りない!お金が!!

駅近のマンションは、やはり夢なのだろうか。
中古物件のマンションの間取りを見ながらため息をつく日々。

賃貸…それは、ちょっと、考えられない。
子供が1人なので、2LDで充分なのですが…。
憧れます!
立地条件が、都会。なので、少々の騒音なども覚悟はしていますが、病院もちかければ本当に助かりますね。

そのような土地では、一戸建てなのどは、到底考えられないので、いずれは手放すことも考えて、やはりマンションがいいのです。

今の持ち家の場所さえ、山奥ではなければこんな気持ちにはならなかったのに。
お嫁に来てしまったものは仕方ありませんね。

でも、生活に便利な場所のマンション購入をあきらめるつもりはありません!
これからも勉強しつづけます。

こうやって考えると実需でも投資物件でもやはり駅に近い利便性の高い物件が良いなとつくづく感じます。

少し前にニュースで見たのですが、東京や大阪、京都などの都会では、なんでも宿泊施設が不足していて、民泊というビジネスが大人気とか。

民泊って民宿みたいですが、要は自分の不動産を旅行者などにお貸しするわけです。

人気地のホテルは宿泊代も高いのですが、この民泊を利用すれば随分と安く宿泊できるので、旅行者には大人気みたいです。

そうそう、この民泊の代表的なのがエアビーアンドビーというのですが、この会社のホームページを見ると色々な部屋があるんですね。

予算もまちまちだし、部屋のグレードも色々。中にはホテル顔負けのすごい部屋もありましたよ。

日本人の旅行でも使えるみたいだから、興味ある方は宿泊先の候補にどうぞ。

友達がマンション購入。

独身の友達がマンションを購入。実家の近くに、中古マンションが売り出されていて、場所も値段もちょうどよかったので買ったそうです。すごいですよね。

もともと一人暮らしだし、実家も会社からそれほど遠くはなかったので購入のきっかけを聞いてみました。実家の近くにある中古マンションがちょうど売り出されていたからとのこと。友達自身は、このまま賃貸に住んで、何かあれば実家にまた戻ろうかな、という考えでいたのだそうです。

でも、実家に帰った時に、その話題が出て、ご両親から、賃貸にずっと家賃を払い続けるのも、独身生活が長引きそうならばもったいないかもしれない、いつでも帰ってくるのは歓迎だけども、いつまでも元気かどうかはわからないし、一軒家の手入れは大変だよ、と聞いて、急に住まいのことが気になりはじめた、とのことで、まずはインターネットでマンション購入にあたっての情報を検索しはじめたんだそうです。

埼玉県外車売却

そうこうしているうちに、ちょうど実家の近くの中古マンションが売りに出されていることをチラシで知ったのだそうです。

実家の近くでの物件探しはしていなかったけれど、古いマンションでも、実家からも近くて便利なこと、何より予算的にもちょうどよく、同価格帯の新築に比べて、部屋の広さも十分だったことなどから、購入に踏み切ったそうです。

中古のマンションなので、おのずとまわりからの情報も耳に入りやすくて、メリットデメリットともに情報を仕入れられたのも役に立ったんだそうです。

もしも将来結婚するとなったらそのまま住むこともできるし、代わりにご両親が住んでも良いし、と先のプラン変更もばっちり考えているみたいでした。

家を買うというとどうしても新築をイメージしがちですが、中古という選択肢もあるんだな、と改めて思いました。物件の良し悪しも購入する人によって変わるものだな、ととっても参考になりました。

地方に移住して家を設計してもらった体験記

独立を機に地方に移住し念願の土地を見つけ、設計事務所も決まり設計へと入っていきました。依頼した設計事務所も当然のことながら現在進行中の仕事を抱えておりすぐにスタートとはいきません。

その間に我々もどのような家にしたいか十分に検討する必要があります。無理難題をふっかけて困らせてはいけないですから現実的な要望を少しずつ整理していきます。

数ヶ月を待ちいよいよスタート。こちらの要望としては自分の作業場を考慮した間取りにして欲しい、家内が冷え性ということもあり「暖かい家にして欲しい」、それと家族構成に基づいた家作りをして欲しい(これは当然のことですが…)等々。

それと自分も仕事柄図面を引きますのでざっとしたラフ案として図面もお渡ししました。そこから事務所側からの聞き取りが行われかなり時間を初日から費やしたでしょうか。

しかしながら事務所がそれらを元にさぁーどんな図面が上がってくるのか、それはそれは楽しみでした。

それから約一月がたち図面が上がりましたとの連絡がありました。事務所に伺ってみるとなんと3案も提案が用意されていました。

一択ではなく選択させてくれるその姿勢に好感を持ちました。「ハイ、ウチはこのタイプでしか家を設計しないよ」といった姿勢ではないのがうれしい限りです。

どれもそれはかなり作りこんだ設計でして手を抜いていないことが一目瞭然でした。

その中から自分たちの要望するものを落としこんで決定させ、そこからは具体的な間取りや住宅設備の検討など大きなことから本当に細々としたことまでを何度も打ち合わせを重ねながら決めていきました。

月に一回もしくは二回伺い、大体半年かけて設計は完成させたしたでしょうか。

ようやくの完成、ではありますがここからが本番。コレを元に工務店に見積もりを出してもらいます。そして予想されていたことですが工務店から出てきた見積もりは予算オーバー。

そこから間取りや住宅設備などを再検討していきます。具体的には優先事項に基づいてパネルヒーターはここの空間にはいるか、もう少し通路を狭くしても大丈夫か、などこれも様々な案件を検討していきます。東京都でシロアリ退治

そしてようやく練り直したプランを再び工務店に出します。結果予算内で設計は完成しました。ところで我が家で要望することなく実は最もこの設計事務所に期待していたものがあります。

それは「デザインセンス」。「カッコいい家作ってください」といってもこればかりは漠然としすぎた要望です。かつ施主の嗜好もあります。

だからこそ多くの設計事務所を見てその事務所のセンスが自分たちの要望しているものに近いのかを十分に吟味します。「なんとなく違う…」といったどう指摘していいのか分からない、でもやはり自分には受け付けない…といった不幸な家作りは誰でもしたくないはずです。

事務所も機能的なことで指摘があれば対応できますがセンスの部分となるとどう対応していいのか分からないしそもそも「なんでウチの事務所に頼むの?」というケースになるかもしれません。

ですから我が家の場合そこの部分はすべてお任せにし、結果十分満足する家作りとなりました。

自分たちでリフォーム!友達夫婦の一戸建て。

最近、友達の家に引っ越しのお祝いで遊びに行きました。半年ほど前に中古の一戸建てを購入した友達夫婦は、その家を半年かけてリフォームしていて、最近になってようやく完成したのです。

もともと二人は東京都内に長く住んでいたのですが、夫婦ともに個人で仕事をしているので、拠点を変えても仕事をしていける状態であったことから、土地も建物も高い都内で家の購入を考えるより、地元に戻ることを考えたそうです。
二人が選んだのは、札幌郊外のベットタウンで、30年ほど前に宅地開発された地域で、今はかなり購入しやすい価格になっているようでした。でも電車の駅からも遠くて、イメージはあまり良くないので「どうしてそんなところを?」と思いましたが、行ってみて考えが変わりました。

確かに公共交通機関では不便そうなのですが、車があるので特に問題はなく、歩いて行ける周辺にも、スーパーや病院など、必要な施設は揃っていました。
緑がとても多く、友達の家の後ろには、広大な貸し農園が広がっていました。近くの住民などが畑を借りて花や野菜作りをしているそうです。
そして、いまや結構高齢の住民が多い住宅地全体は静かで、庭の手入れなどもそれぞれ行き届いており、きれいで住みやすそう。
そこに越してきた友達夫婦は、住民の人たちにしてみたら自分の子供の年代だからか、みんな親切にしてくれる、と友達も言っていました。

購入した住宅は、築30数年とのことで、外観はいかにも昭和な2階建ての、普通の住宅です。
でも、出来るところは自分たちの手でリフォームした、という内装はとても素敵に仕上がっていました。
まず、玄関のたたきには、カラフルなタイルが張ってありモザイクのようになっています。
そして、中に入ると部屋ごとに壁紙を変えて張ったそうで、居間はシックなグリーンっぽい壁。階段室は濃紺に細かい蔦のような模様、2階のふた部屋はそれぞれちょっとレトロな模様の壁紙で、個性的な部屋に仕上がっていました。
輸入の壁紙をかなりこだわって選んだそうで、模様や色合いが素敵でした。

もう一つこだわったのが台所で、レトロな雰囲気の室内に比べて、そこだけは使いやすそうな最新式のシンクが据えてありました。
居間から見える位置にあるので、食洗器なども収納できてしまうタイプ。いつも片付いて見えていいなあ・・と感心。
台所の壁はカラフルなタイル張りで、家事も楽しくなりそう。

その台所で作った、手作りのご飯を頂き、すっかりうらやましくなって帰宅。
家の購入、考えてみようかな・・。

文系脳は遺伝子検査